プラリネチョコレートとは?毎日食べても飽きない、唯一無二のおすすめプラリネチョコレート|バレンタインチョコ人気通販ひとくち – "ひとくち - HITOKUCHI -"公式オンラインストア

プラリネチョコレートとは?|毎日食べても飽きない、唯一無二のプラリネチョコレート

プラリネチョコレート・プラリネショコラ

▼ 目次

  • 1. プラリネチョコレート、ジャンドゥーヤとは?
  • 2. 世の中のプラリネチョコレート プラリネショコラは甘すぎる
  • 3. 毎日食べても飽きないプラリネチョコレート。その美味しさを支える職人技とは?
  • 4. おすすめプラリネチョコレート

“心地よい余韻(よいん)と後味”と好評の、「ひとくち -HITOKUCHI-」がお作りするプラリネチョコレート。
プラリネチョコレートとは?その誕生背景と、おいしさを実現している職人技を交えてご紹介します。

1. プラリネチョコレート、ジャンドゥーヤとは?

プラリネとは、飴がけ(キャラメリゼ)したアーモンドなどナッツ類を細かくすり潰して、ペースト状、もしくは粉末状にしたもの。

さらに、プラリネにチョコレートを混ぜ合わせると、プラリネチョコレート、プラリネショコラ、ジャンドゥーヤと呼ばれるものになります。
※イタリアのお菓子としてヘーゼルナッツのペーストを使用したチョコレートを特にジャンドゥーヤと呼ぶこともあります。

プラリネチョコレート「プラリネ」だけで呼ぶことも多いです。

「ひとくち -HITOKUCHI-」では、分かりやすいようにナッツ類のペーストを使ったチョコレートをプラリネチョコレートと呼んでいます。

サクサククレープのプラリネチョコレート・フィアンティーヌ

2. 世の中のプラリネチョコレート プラリネショコラは甘すぎる

プラリネチョコレートを作る上で避けては通れない、油脂移行の話をまずご紹介します。
チョコレートは保存状態が悪かったり、作り方がよくなかったりすると「ブルーム」と呼ばれる現象が起きてしまいます。

これはチョコレート内の油分が表面に浮いてきてしまい(=油脂移行)、見た目が白っぽくなってしまう現象です。
見た目の変化だけでなく、味わいや口どけも変わってしまいます。

特にプラリネチョコレートでは、ナッツ類のペーストを使用しているため、通常のボンボンショコラと比べ油脂分が多くなります。
ですので、油脂移行によるブルームが発生する確率も高くなってきます。

プラリネチョコレート・ブルーム

解決策として、プラリネチョコレート(プラリネショコラ、ジャンドゥーヤ)には、ほんとんどの場合ミルクチョコレートが使われます。

その理由は、見た目の色が明るくなるので表面にブルームが起きても目立たなくなること。そして、ミルクチョコレートの油脂分はビターチョコレートよりも少ないため、プラリネチョコレートの油脂移行を起きにくくすることができるというメリットがあります。

デメリットとしては、ミルクチョコレートはビターチョコレートと比べて砂糖分が多いため、出来上がるプラリネチョコレートはかなり甘い味付けに仕上がってしまいます。

3. 毎日食べても飽きないビターチョコレート。その美味しさを支える職人技とは?

「ひとくち -HITOKUCHI-」代表の荻曽は大のプラリネチョコレート好きですが、甘すぎるプラリネチョコレートが苦手でした。

甘すぎるプラリネチョコレートだと、刺してくるような砂糖の甘みが気になってしまい、1粒食べると口の中が疲れ切ってしまいます。

大好きなプラリネチョコレートを、毎日食べてたくなるくらいおいしく作りたい..

そんな想いから、業界の常識にとらわれず、ビターチョコレートを使用したプラリネチョコレートの開発に着手し、納得のプラリネチョコレートを完成させました。

飴がけアーモンドのプラリネチョコレート・プラリネショコラ

ビターチョコレートをプラリネに使用する際は、油脂移行を防ぐために、ミルクチョコレートのレシピよりもチョコレートの分量を多くした特別な配合が求められます。

ですので、ビターチョコレートを使用したプラリネチョコレートのレシピで、チョコレートコーティングの中身になるフィリングを作ると、あっというまに固くなってしまいます。

ベストなタイミングですぐカットしないと、ボロボロと崩れてしまい商品になりません。
これだと、フィリングを大量に作り置きして、一気にカットするような効率の良い生産ができないというデメリットが発生するため、生産体制にも工夫が必要になってきます。

通常のプラリネチョコレートにミルクチョコレートが使用される理由はこの生産効率の観点もあります。

ギッター・プラリネチョコレート

職人が何度も試行錯誤を重ね、レシピ、生産工程の工夫など難しいハードルを乗り越え、やっと「唯一無二の美味しさのプラリネチョコレート」が誕生しました。

「ひとくち -HITOKUCHI-」のプラリネチョコレートは、職人が手間をかけて1粒1粒ていねいに仕上げてお作りしています。

飴がけアーモンドのプラリネチョコレート・プラリネショコラ

4. おすすめプラリネチョコレート

ここまで「プラリネチョコレートとは?」を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


・一般的なプラリネチョコレートには生産効率や油脂移行防止の観点でミルクチョコレートが使用される

・ミルクチョコレートを使用したプラリネチョコレートは砂糖分が多くなるため、甘い味付けになってしまう

・「ひとくち -HITOKUCHI-」では、数々のハードルを乗り越え、職人手作りで毎日食べたくなる心地よい余韻(よいん)がたのしめるプラリネチョコレートをお届けしています


はじめての方には、公式LINEフォローで通販サイトで使用可能な500円OFFクーポンを配信しております。
ぜひこの機会にお試しください。

>フォローはこちらから

【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット
【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット

【4袋入り】プラリネチョコレート2種食べ比べセット

¥2,440
くわしく見る
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)
サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)

サクサククレープのプラリネチョコレート(2粒)

¥610
くわしく見る
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)
オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)

オーガニックごまのプラリネチョコレート(2粒)

¥610
くわしく見る
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット
【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット

【8袋入り】チョコレート4種食べ比べセット

¥4,880
くわしく見る

ひとくち -HITOKUCHI- について

「ひとくち -HITOKUCHI-」は、
"日々の暮らしの中で気軽に
高級チョコレートをたのしんでいただきたい!"
という想いで生まれたブランドです。

>くわしくはこちら

サステナブルなブランドとしての取組み

「ひとくち -HITOKUCHI-」では、
梱包に使う包装材は、で
きる限り廃棄を減らすことができるよう、
簡易包装をこころがけております。

>くわしくはこちら